そんなに変更しまくるなんて、何かこちらに不手際でもありましたか

ハウスメーカーでの使用打ち合わせにおいて、お客さんは裸も同然です。

なにしろ、いままで味わったことのない雰囲気の中で、ハウスメーカーのショールームや事務所などの完全アウェーですし、人生最大の買い物の打ち合わせをするという、まさに無い物づくし。
気の弱い人なら、卒倒するかもしれません。

と、冗談はおいておいて、そんな打ち合せに臨むお客さんたちも、しっかりと自分たちの住まいのあり方をイメージ出来ている人、そうでない人、本当に家を建てる気があるのか怪しい人などに分類されます。

そんななかで、ハウスメーカーに、正直言って鬱陶しがられているのは「やたらと変更するお客さん」です。

高額な買い物ですから、意見が多少変わるのは分かりますし、悩むのもわかります。
間取りなんかは、住んだこともない間取りなわけですから、営業マンや設計担当がしつこく説明したとしても、わかりようも無いのは致し方ありません。
でも、分からないなりに、現場見学会に足を運んだり、展示場におもむいたり、なるべく理解しようとします。

なぜなら失敗したくないからです。

一方、変更しまくるウザキャラなお客さんは、全然勉強しません。

大根を買うかのような気持ちで、なんか家建てちゃおっかなあ位の感覚です。
ですから、打ち合わせでも変更しまくり、いっこうに打ち合わせが進みません。
なんとかかんとか、奇跡的に着工にこぎつけたとしても、工事中にもこういう人は容赦なく変更しまくります。
そして、出来上がったものに対して、ダメ出しをしまくるのもこのタイプです。

お客さんだから、多少のわがままはいいでしょう。
でも、ハウスメーカー側も、対価に相当する商品やサービスを提供しているわけですから、立場は対等です。
そこを勘違いして、変更しまくった挙句、「こんな家、要らない」とのたまうお客さんは、デッカイずうたいのお子ちゃまです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする