お願いですから、心の扉を開いてください。

ぜんぜん心のバリアを解いてくれないお客さんが、少なからずいます。

ハウスメーカーでの仕様打ち合わせで、設計担当に対してまったく心を開いてくれないお客さんがいるんです。
契約した後に仕様打ち合わせすることが多いので、営業マンとは多少人間関係ができているようで、和やかな会話が繰り広げられたりしているのですが、何が気に喰わないのか、設計担当に対してのバリアの厳重さがハンパない。

そんなに硬い殻に閉じこもられては、良くなるはずの間取りや設備仕様が、ちっとも良くならない。
家づくりは、今の住まいの問題点を改善するためのものでもあるので、少なからずプライベートなことも教えて貰う必要があるんです。
でも、ちっとも教えてくれないので、なんか建売パックプランみたいな家になっていくんです。

建売パックプランみたいな家が悪いのかというと、万人受けするという意味では、逆によろしいとも言えるのですが、だったら建売でいいじゃない。
なぜそこまでして、注文住宅にこだわるのよ。
オーダーメイドなんだからさ。
しかも、ただのオーダーメイドじゃなくて、住まいをオーダーメイドしようっていうんだから、寸法を測るだけじゃだめなんですよ。
暮らしの不満もそうですが、趣味や好きなもの、好きな場所、好きな車、などなど、一見家造りに関係無さそうなことも何でも教えて欲しいんです。

いわゆる建築家の先生みたいに、計画に1年、工事に1年掛けて、雑誌に掲載されるような家は作れないかもしれませんが、ハウスメーカーなりの、オーダーメイドの家を提供したいと私達は思っているんです。

そこのところをわかっていただきたい。

営業マンや設計担当にも、多少はプライドがありますから、会社の同僚達から、「あのお客さんの家、ちょっといいよな」なんていわれると嬉しいわけです。
ハウスメーカーの社員たちの評判がいい家は、たいてい、お客さんも満足してくれることが多いんです。

誰かに褒められたくて、いい家づくりをしているというわけではないですが、褒められないよりは褒められたほうが嬉しいのは紛うことなき事実です。

一緒に素敵な住まいを作っていこうって決めてくださったんですから、ちょっとでいいので、心を開いてもらって、ちょっとだけプライバシーに踏み込ませてください。

そうしたら、小さなピースを拾い集めて、気の利いた提案もできてしまうんです。

1回や2回の打ち合わせでは、なかなかバリアが取れなくても、こいつ許せそうだなと思ったら、半開きくらいにはバリアを解いてみてください。

お互いの歩み寄りで、結果、いい家になることも多いのです。いや、いい家にしてみせます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする