自宅を案内してくれる設計担当

ハウスメーカーの設計担当が、打ち合わせの流れで「じゃあ、ウチを見に来てください。ちょっと汚いですけど、図面を見るよりわかりやすいですから」なんて言ってくれたとしたら、あなたの設計担当は「アタリ」といっていいでしょう。

大手のハウスメーカーならば、いつでも必ず何軒かは工事中の住宅があります。
タイミングさえ合えば、工事中の現場を見れば、図面ではわかりにくい部分を補足説明することはできます。
しかし、そこであえて「ウチ来る?」的な発言をしてくれる設計担当からは、お客様に対する熱意がひしひしと伝わってきます。
誰だって、そうそう自宅を見せたくはありません。
でも敢えて案内してくれようとするその心意気だけで、「この設計担当とならいい家が造れそうだ」と思えてきませんか。

ただし注意すべき点は、その設計担当がただの「見せたがり」だった場合です。

ハウスメーカーの設計担当とはいえ、建築士(資格の有る無しは別として)のハシクレですから、自宅の設計には情熱とプライドを注ぎます。
普段のお客さんのための住宅では、自分らしさを押し殺して設計することもしばしばです。
お客さんの意向が最優先ですからそれは当たり前です。

でも自宅の設計なら、いつも抑えているその感情を解き放ち、やりたいように設計できるわけですから、そんな家は誰かに見て貰いたくて仕方ないものです。
とはいえ、中には建売住宅のほうがマシじゃんと言いたくなるくらい、つまらん自宅をつくる設計担当もいますが、それはさておき、大抵の設計担当にとって、自宅の設計はアイデンティティの化身そのものなのです。

冒頭で言ったような場面に遭遇したら、かなりの確率であなたの住まいは素敵な仕上がりになることうけ合いですが、「見せたがり」の設計担当だった場合、その案内は苦痛の始まりです。
ぶっちゃけて言えば、素晴らしい空間体験のはずが、ただの自慢大会へと成り下がるのです。
その苦行を乗り越えて、帰り際に「ほとんど参考にならなかったな」とつぶやくことにならないよう、あらかじめ平面図でも見せてもらって、何が参考になるのか、何が私達の役に立つのかを教えてもらったほうがいいかもしれませんね。

実際の現場で気にすべきことはたくさんありますが、一般ユーザーが一番理解し難い部分は「立体感」だと思います。
設計担当は何軒も設計し、その現場の仕上がりを確認していますから、平面図からどんな空間になるかが大体わかります。
なかには、あまりわかってない設計担当もいますが。

それはさておき、お客さんは2次元の図面が、どんな3D空間になるかを一番知りたいのに、「実はねぇ、床材にこだわりました」とか「カッコイイ照明器具でしょ」とか言われても、お客さんとしてはムゲに扱うわけにもいかないので、ふんふんと頷いて内心「そこじゃないんだよ知りたいのは」と心のなかでつぶやくしか無いのです。
そういう時は思い切って、「キッチンの様子なんかを詳しく教えて下さい」なんて、話の腰をポッキリと折ってしまいましょう。

とまあ、このままだと自宅を案内してくれる設計担当は、ただのええカッコしいとしてしか捉えてもらえなさそうですので話を戻したいと思います。

自分から自宅の案内を買ってでてくれる設計担当は、やる気と配慮があります。
これは間違いありません。
しかも、入社して2~3年で自宅をつくるということは稀で、それなりに仕事上の成功と失敗を繰り返してノウハウや自分なりのスタイルができつつあるタイミングで自宅を建てたることが多いです。

すなわち、ある程度の経験があり実績があるのは間違いないですから、設計力に関しては及第点といえるでしょう。
それに加えて、ただの見せたがりの設計担当だった場合は、のらりくらりと自慢話はかわしつつ、自分たちが知りたい情報を吸収すればいいのです。
それくらい割り切っても、急に設計担当が冷めてしまうことはないでしょう。
お宅拝見のあとの打ち合わせで、ちょこちょこと「〇〇さんのキッチンのあれは素敵でしたね」などとくすぐりを入れてあげれば、円満かつ満足のいく打ち合わせができることと思います。

ハウスメーカーの設計担当とはいえ、それなりのプライドがあります。
勘所を押さえて、上手に設計担当を操縦出来れば、あなたのおウチはまた一歩、理想に近づくことでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする