外車を転がしている営業マン

住宅メーカーの営業マンは、売れている人は結構な報酬を得ています。

その結果、当然ながら庶民には手が出しにくい高級外車を手に入れる営業マンもいます。
それはそれでいいのですが、「自分はデキる奴だアピール」が過ぎる営業マンはお客さんにそれとなく自慢してしまうのです。

本人としては、「あれ、わかっちゃいました?僕の愛車のおベンツくん。テヘペロ」みたいなノリなのですが、普通の感覚のお客さんなら、自分が住宅メーカーに払う対価のうちのいくばくかが、こんな営業マンのフトコロに入るのかと思うといたたまれなくなりますよ。
本当にデキる営業マンはベンツやポルシェを所有していたとしても、営業に使う車はせいぜいプリウスくらいにしておくべきですし、実際そうしています。外車を見せびらかすような営業マンは、精神構造は小学生レベルです。

住宅メーカーによっては、社用車を1人1台あてがっていますが、国産の1~1.5リッタークラスが多いような気がします。
外車のディーラーの営業マンならその車に乗って営業に来るのはわかりますが、住宅メーカーの営業マンは庶民的であるべきでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする