職人さんに鬱陶しがられている現場監督

ハウスメーカーの現場監督の陰口、良くない噂を、現場の職人さんから聞かされたとしたら・・・。

悪口や悪い噂は、聞きたくないものですが、この場合だけは事情が違ってきます。
現場監督が現場の職人さんたちに厳しく指導したり、規律を順守させたりしただけでは、そうそう職人さんは現場監督のことを悪く言ったりしません。
むしろ、そういう現場監督は、厳しいけどしっかりしてる、とか、お客さんに信頼されていてすばらしい、といった、褒め言葉を口にします。

一方、悪口を言われるということは、よっぽど適当で、なんでも人任せにしてしまうような現場監督である可能性が高いです。

そもそも職人さんたちだって、お施主様に向かって担当者の悪口を言いたいはずがありません。
なのに、つい口にしてしまう、職人さんに喋らせてしまう状況を作り出しているのは、その現場監督にほかならないわけです。

人当たりがよく、調子のいいことばかり言うような現場監督は、職人さんに鬱陶しがられているケースが多いです。いわゆる「ウザイ」現場監督ということになります。

ハウスメーカーの現場監督は、多くの現場を回していかなければならない重責を担っていますが、現場を支える職人さんに鬱陶しがられているようでは、あとあとボロが出てくることもしばしば。

あなたの現場の現場監督は職人さんに信頼されているか、こっそり確かめてみるといいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする