多少は家づくりのことで、勉強しましょうよ

ハウスメーカーで家を建てようと考え、契約もして下さり、いよいよ着工に向けた仕様打ち合わせの時がやって来ました。

なのに、なのに、全然家のことに関心がなく、なんにも勉強していない。

なぜ、なぜなんですか。

家づくりなんて、一生のうちに何度もありませんよ。
それなのに、自分たちが今後ずっと暮らしていく家なのに、どうして、どうでもいいよ住めれば、っていう態度なんですか。
おかしいでしょ。
こっちだって、なんとか予算に収まる範囲で、快適な家になるように考えようという時に、そんな姿勢で打ち合わせに来られてもテンション上がりませんよ。
間取りは、パックプランのままでとくに変更なし。
変更なしというか、暮らし方が見えていないからどこを変更していいかわからない。
設備の仕様や内装の仕上げも、標準でいいの一点張り。
壁紙の色に標準も何もあるかい、と突っ込みながら、白っぽい超無難な柄をおすすめすると、いいよ、の一言。
張り合いがない。

全然ない。

こんなに楽に打ち合わせが進んで、下手をすると仕様打ち合わせで1回、最終図の確認で1回の合計2回で終わってしまう。

というか、こんなことなら全部おまかせでよろしく、って言ってくれたら、わざわざ打ち合わせで時間をとることもなかったのに。
格安建売パックの仕様を参考に、さくさくと図面を作って工場に発注すれば、私の残業時間も減って、その結果会社も儲かったのに・・・。

こんなことをハウスメーカーのたかがイチ設計担当に思われてしまったら、心底切ないですよね。

せっかくの我が家の新築、もっと家のこと、住まいのことを勉強しましょう。

何を勉強していいかわからなかったら、いまの暮らしで不便なこと、不便な部分、気に入らない仕上げ、照明、などなどの改善したいことをリストアップしてください。
それをもとに、営業マンや設計担当と相談してください。
それだけで全然違いますから。

問題が難しいほど、ハウスメーカーの担当者たちはヤル気を出すものです。
無気力、無関心でイイ家を建てようなんて、ハナから無理ってもんです。
黄門様も、苦あれば楽ありと言っています。

ハウスメーカーに任せるなら、全部任せる。

嫌なら、勉強する。

そういうことです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする