お抱えの設計担当がいるのは売っている営業マンの証し

ハウスメーカーのシステムによって、営業マンと設計担当の組み合わせというのは様々なパターンがあります。

どれが良いとは一概には言えませんし、お客さんにとってはそんなハウスメーカー側の仕組みなぞ、知る由もないのですが、一応ご紹介しておきます。

まず、一人の設計担当が同じ営業所の営業マンのチームにセットになっている場合。
展示場に数名の営業マンと一人の設計担当がいるような場合もあります。
他には、営業マンは展示場などにいて、設計担当は内勤の社員がいる拠点に詰めていて、どの営業とどの設計が組むかは、設計長がその都度決めるような場合。

まあ、他にもあると思いますが、仕組みがどうとか言うのはこれくらいにしておいて、デキる営業マンは、お抱えの設計担当がいるということをお伝えしたいのです。

いくらバンバン売ってくる営業マンでも、難しい間取りや設計的な詳細打ち合わせまでは出来ません。

そんなとき、ブレインとなってくれる、営業マンが頼る設計担当がいるわけです。設計長と呼ばれる人が必ずしも営業マンに頼られるわけではなく、何件か一緒に家づくりをする中で、この設計は使えるなと、営業マンに太鼓判を押してもらえる設計担当が現れます。

社内でも、この営業マンとこの設計担当がコンビになると、難しい案件も契約を決めてくる、なんて流れになれば大したもの。

お金持ちの豪邸や、難しい敷地条件の案件なんかは、契約する前から設計担当も営業マンに同行して折衝しますから、営業マンの補佐をしっかりこなせる設計担当がいるだけで、営業マンのお客さんに対する評判もどんどん良くなるわけです。

お客さんにとっても、いろいろな意見を持ったプロが契約前から親身になってくれる、と満足度や安心感が高まっていきますし、こういうパターンは引き渡しのあともクレームが殆どありません。

専属とまではいかなくても、「ウチの設計の中でも特に優秀な人物を同席させますよ」と真顔で言ってくれる営業マンには、本当に信頼関係の出来上がった設計担当がセットになってます。

そんなタッグを家づくりのパートナーに選べたとしたら、契約する前にもかかわらず、あなたの家づくりは前途洋々、順風満帆、鬼に金棒ですばらしい成功をおさめることが目に見えていますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする