しっかり話を聞いてくれる営業マン

これはある意味営業マンとしての資質にかかわる問題です。

ここでいう話を聞いてくれるというのは、ただ単におしゃべり相手になってくれるというわけではありません。
営業マンとして話を聞いていくれるというのは、話を聞きながらもどうやってお客さんの満足が引き出せるのかを考えくれているということです。営業マンは、話し上手である前に、聞き上手であることが重要と言われますが、お客さんのニーズを引き出す能力が必要になります。

家を建てるということは、大なり小なり、現状に何らかの不満があるわけですから、それをできるだけ叶えることができるように誘導できるのが、売れている営業マンの能力と言えます。

宝くじで3億当たったから家を建てようという人も、一見何の不満もないようですが、捉え用によっては、そのあぶく銭をいかにストレス無く消費できるかを心配しているとも言えます。

そういった、一見プラスに思えるようなことも掘り下げて聴いてくれる、そんな営業マンに出会えたならば、あなたの家づくりはかなり成功に近づいています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする