建築士の免許を持っている現場監督

ハウスメーカーの現場監督は、はっきり言って段取り上手ならやっていけます。そこにコミュ力もあればさらにベター。ですが、ハウスメーカーの現場監督は現場の管理や職人さんとのやり取りだけが仕事ではありません。むしろもっとも注意を払うべきであり、もっとも労力を使う部分が、対施主様とのやり取りです。
もちろん、施主様の大切な住宅を完成へと導いていくわけですから、重要なのは当然で、工事中の現場のあれこれについてお客さんからあれはなんだ、これはどうしてこうなっているんだと矢継ぎ早に質問を受けることもしばしば。営業マンや設計担当と仲良くなったお客さんは、そっち側の担当に質問をぶつけることで解決してしまう場合もありますが、現場で実際に打ち合わせしていて、目の前に現場監督がいれば、普通現場監督に聞きます。しかも、お客さんはハウスメーカーの担当はどんな若い担当者でも、プロであるとみなしていますから、専門的なこともどんどん聞いてきます。そんなとき、「段取り屋」と呼ばれる現場監督であっても、建築士の免許があれば、発言に説得力も出てこようというものです。
建築士すらもっていない、見た目だけおっさんの現場監督が何を言おうと、いまいち聞く耳が持てないのはお客さん側からすれば当然のことです。
なんか、うまいこと言いくるめられてしまって、そのままモヤモヤした状態で、お金だけ払って引渡し。そんなマイナスイメージすら湧いてくるものですから、現場監督であろうと、建築士免許は持っているべきですし、建築士も持っていない現場監督は、よっぽど誠実そうでもなければ、ちょっとご遠慮願いたいところです。
ハウスメーカーの現場監督であろうと、やはり技術者の端くれ。1級でなくてもいいんです。2級建築士だって、いまでは結構な難関資格です。その試験を突破できる根性があるということは、それだけ信頼が置けるということにもつながります。最初に現場監督から貰う名刺には、課長とか、係長とかの、どれほどの価値が有るかわからない役職なんかではなく、○級建築士と書いてあることを期待しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする