ピロリ菌の主な特徴

そもそもピロリ菌とは一体何者なのか

ピロリ菌の特徴

ピロリ菌とは、人間の胃の粘膜にちゃっかりと生息している、らせん型の細菌です。
正式名称は、「ヘリコバクター・ピロリ」といいます。
なんかヘリコプターみたいな名前ですが、「ヘリコ」とはらせんのことでして、ヘリコプターのヘリコと同じ意味です。

らせん型のことを「ヘリコイド」ということから、命名されています。
「バクター」は細菌という意味なので、「ヘリコバクター・ピロリ」をそのまま訳せば「らせん型細菌・ピロリ」となります。

細菌としては、発見されたのはわりと新しく、1982年にオーストラリアのワレンとマーシャルが胃の粘膜にピロリ菌が生息していることを報告しました。

その後、ピロリ菌に関する研究が盛んに行われ、胃炎や胃潰瘍、最悪の場合は胃がんといった、胃の病気に深く関連していることがわかってきたということです。

ピロリ菌はなぜ胃の中で生きられるのか

胃の中は、胃酸という強い酸で満たされているのはご存知のとおりです。
通常の細菌はその酸に侵されて、胃の中では生きていることは出来ません。
しかし、ピロリ菌が胃の中で生きているのには秘密があります。

その秘密は、ピロリ菌が持つ「ウレアーゼ」という酵素です。
「ウレアーゼ」という酵素は、尿素をアンモニアと炭酸ガスに分解する酵素です。

ピロリ菌の持つ「ウレアーゼ」を利用し、ピロリ菌は自分の周りをアルカリ性にしてしまうのです。
その結果、胃酸が中和されて、胃の中でも生き延びることができるというわけです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする